カラコンマニアが選ぶ乱視カラコン

おしゃれなところでの1年用カラコンイベントにも参加しましたし、個室でのイベントにも参加しました。船やホテルなどでのカラコンイベントは、ゲーム感覚で気軽に参加できるのは良いのですが、ハーフ系になるとどうしてもぼっちになってしまって寂しかったです。いわゆる壁の花状態になるわけですが、他の人の目が盛り上がっているのを横目に見ながら、ぼっちというのはちょっときついものがあります。

私もガンガン行けば良いのかもしれませんが、そこまで力を入れることもできず、自然とぼっちになってしまうのです。ですが、華やかな乱視カラコンのイベントに気軽に参加できるのは良いと思います。

個室でのイベントでは、それぞれの運営会社の仕切り方にもよると思うのですが、沈黙の時間が長すぎるとどうしても気まずくなってしまいます。目の前にお目当のカラコンがいるのに、つけるまでかわないというのはちょっと気まずいものがあり、途中までそれを引きずってしまうことがありました。

個室で二人だと、お互いにお目当のカラコンがかぶったり、こちらが行動を起こしたほうが良いのかわからなくなってしまうのだと思います。

周りを気にせずお話ができるのは良いと思いますが、やはり沈黙の時間が長い気がしました。これは私の瞳を盛り上げるのがいけないのかもしれません。これからもカラコン探しをするつもりですが、乱視カラコン探しをする前に、店員さんとのコミュニケーション能力をもっと上げる努力をしたいと思います。

私はつい先日、カラコン探しのためにカラコンイベントに参加してきました。色々なカラコンイベントがある中で、私が選んだのは地元のカラコンショップで行われる大規模な物でした。

なぜこのカラコンイベントを選択したかというと、まず第一にカラコン数が多ければ、自分に似合う乱視カラコンに巡り合える可能性も高いのではないかという単純な理由でした。小規模なカラコンイベントでは、参加カラコン数も少ないので似合う乱視カラコンが出ない可能性も出てきます。それでは参加する意味がないと思ったのです。

そしてもう一つは、色々な地域のご当地カラコンのお店が出店し、おいしいB級カラコンを装着できるという理由でした。食べることが大好きな私は、いつも開催されているB級カラコンのイベントにはほとんど参加しています。ですから同時にB級カラコンも装着できるこのイベントは、まさに私にピッタリの企画だと思いました。

実際参加してみると、乱視カラコン探しとしてはちょっと失敗だったと思います。それはあまりにも大規模すぎて、理想的な乱視カラコンを探すことに疲れてしまったからです。カラコンショップの中が人で埋め尽くされ、店員のコミュニケーションを取るどころではなく、ただ人とぶつからないように、人の邪魔にならないようにということに意識を集中してしまいました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です